著作権ってなに!?

 

 

たまたま、偶然、突発的に、何の意図もなく、著作権のことをまとめたくなったので、まとめてみました。

※非常に簡易なまとめです。概要を掴むためのものだと思ってください。

 


著作権とは



一言でいうと

著作物を保護する権利

※著作物=人間の思想、感情を創作的に表現したもの

です。

また、著作権は二つに分けることができます。

①人格的な利益を保護する著作者人格権
②財産的な利益を保護する著作権

①は、この著作物は○○が創りましたと公表してよい権利など
②は、この著作物を使う権利など

ざっくり言うとこんな感じ。


ちなみに、①は著作者から切り離すことはできません。
②は可能です。

音楽業界であれば、多くのアーティストがレーベルに②を渡し、レーベルはJASRACに②の一部の管理を委託しています。



なぜJASRACに管理を委託するの?



著作者にメリットがあるから。

著作者は自身の著作物が利用されることで、収入を得たいと考えます。
※得たくない人の存在は考慮にいれず進めます。

ただし、日本国内あらゆるところに

「私の曲使いましたよね?はいお金払って」

と言って回る暇はありません。

そのため、JASRACに管理を委託し、自身の著作物によって得られた収益の一部を手数料という形でJASRAC納めています。



JASRACの仕事とは?



著作物の利用料を、著作者に代わって徴収し、著作者へ分配しています。

まず、音楽が使われる可能性のあるところを調査しまくってます。

そして、著作物の利用料を支払っていないところを見つければ、利用料の支払いを依頼して回っています。

そして得た利用料のうち一部を手数料としてもらって、残りを著作権者に分配します。

一人のアーティストのために全国を回るのは非効率ですが、沢山のアーティストの著作権の管理を受託していれば、まっとうに成り立つビジネスですね。



昨今のアカペライベントについて



ライブハウスでのイベントは大方問題ない

大体のところで包括契約という契約を結んでいるのでほぼほぼ問題ないでしょう。

非常に簡単に言うと、
ライブハウスとJASRACとの歌い放題契約
というイメージですね。


ストリートイベントや内輪イベント、アレンジ楽譜の演奏は確かに微妙

この辺りは確かに適切に納めていないところがありそうですね。

全てにおいて、きちんとできた場合、

そうすると、もしかすると、もしかすると、アカペラ界隈が

「日本の音楽界への影響力を増す」・・・かも・・・しれない・・・

※新しい団体の本意はこういったところにあるのかもしれない・・・
 そうであってほしい・・・



管理人の見解



「著作権」について考える良いきっかけだなと感じてます。

これから

・JASRACやその他管理会社に利用料を納めます!

とか

・よくわからないから、その辺全部○○というとこにお任せします!

とか

・払いません!

とか出てくると思います。


それでよいかなと。

ただ、自分とは別の判断をした人を批判したり誹謗中傷したりすることだけは避けてほしい。
と思ってます。


執筆者:管理人

2018年02月15日