アカペラを活用したい方へ


駅の周りや観光地など人の集まる場所で、アカペラ演奏をしている姿を見たことはありませんか?

昨今では、ストリートライブ以外でも沢山の場面でアカペラが用いられています。

また、全国各地でアカペライベントが行われており、1000人以上を集客できるイベントも数多くあります。

ソラマチアカペラストリート
@東京

ハモりフェスタ
@愛知

伊達アカ
@宮城

金沢アカペラタウン
@金沢

大きなイベントでなくても、その他多くの場面でアカペラが用いられています。


なぜそんなにアカペライベントが増加しているのか。



①アカペラプレイヤーの数が増えてきている。
所属人数が200名を超えるサークルが全国各地に増えています。
またサークル自体の数も増えてきています。

②手軽
バンド演奏などに比べて楽器がないため、ステージのセットに時間も費用もかかりません。

③目をひく
声だけで演奏されているため、他の演奏形態と比べ、珍しさがあり、道行く人の目をひくことができます。


アカペラが活躍している具体的な場面



①福祉施設での演奏
福祉施設でのミニライブが行われています。

※過去アカペラハウスで実施した内容はこちら


福祉施設では、「レクリエーション」を大切にされていらっしゃいます。そのレクリエー
ションの一つとして、アカペラミニライブをしました。
楽器を使わず人の声のみで演奏するため、
・人の耳に優しく
・高齢者の方に大きな負担をかけることなく
音楽をお楽しみいただけます。
また、直接目の前で演奏いたしますので、非日常を感じていただくことができます。

②イベントのステージ

町興しイベントや、販促用イベント(お客様感謝祭など)で音楽ステージを設けることで、イベント全体の活気を生み出すことができます。

アカペラハウスでは、音楽ステージの全て(ステージ、機材、演者)を請け負うことも可能です。

※過去アカペラハウスが請け負ったイベントはこちら


③BGM

最近では、テレビのニュースやドラマのBGMにアカペラ演奏が使われることがあります。意識しないと聞き流してしまいますが、注意して聴くと意外とあります。

※過去アカペラハウスではBGM用のCD制作をサポートいたしました。その時の様子はこちら


アカペラの活用についてご検討の方、ご相談ください。


2017年12月07日