川崎までトップアプローチしてきた話

こんにちは!4回目の執筆、あさひ(@alternative_asa)です!
先月末、東京にライブを見に行ったら、
演者さんに「ブログ読んでます!」と言って頂ける事態が発生しました。幸。

 


トップアプローチの大切さ


学生の時読んで印象に残っているのが
白取春彦さんという方が書かれた「独学術」という本です。

「解説書より原典にあたれ」という内容が書かれており、

何かを学ぼうとするときに初心者だからといって臆する事なく、
難しそう・レベルが高そうに見える事から挑戦していっていいんだ!

と思いました。

また、現在、筆者は広告代理店に勤務しているのですが、
よく言われているのが「トップアプローチ」です。

どういう事かと言うと、
広告を出しませんか?!と営業をする際、
相手が受付のお姉さんや新入社員では契約がとれません。
上の者に確認します、となるとそこでまた時間を要してしまいます。

すなわち、契約をとるには
広告を出す事を決められる、決裁権をもってる人(=社長とか役職が上の人)
に直接営業するのが1番早いというわけです。
だから、決裁権をもつトップの人にアプローチする事を大切にしています。
(広告業に限った話じゃないかもしれないけど・・・

「独学術」と「トップアプローチ」、
共通しているのは「上にぶつかっていけ」って事だと思ってます。

筆者はアマチュアアカペラ好きで
愛知県内の学生バンドのライブに行くことが多いのですが、
上記のような理由から
「アマチュアアカペラ界で最もレベルが高いバンドを見てみたい」欲に駆られ、
全国の実力あるバンドが集まるライブやイベント(全国大会とか)にも行ったりしています。

地元の学生バンドももちろん大好きで素敵で
決してレベルが低いとか思っているわけではないのですが、
やはり全国大会等に行くとレベルの高さを感じます。

魅力的な選曲、卓越した演奏技術、おもしろいコンセプト、斬新なMC・・・
まだまだ見たことないバンドがたくさんあるんですよね・・・
奥深い・・・
発見と感動がたくさんあります。

質の高いリスナー(?)になるには
全国大会等を見に行くのが1番近道だと思ってます。
きっとプレイヤーも
うまい演奏を見たことがないとうまくなれないはず。

(※筆者が使用する「うまい」は、
音楽的センスや知識からくるものではなく、かなり感覚的な意味合いで、
「たまらん!」「シビれる!」「見てて気持ちいい!」と直感的に思う感じの事を指しているのですが、
全国大会に出れるバンドは音楽的センスや知識のある審査員に審査されて予選を勝ち抜いて・・・って事ですので
いわゆる音楽的アカペラ的「うまい」なんだと思われます)


地元に閉じこもっているプレイヤー・リスナーの皆様、
ぜひトップアプローチすべき!!!!!!!!!!!!!


JAM2017に行ってきた


そんなわけで、11月12日(日)、JAM2017へ行って参りました!
Japan Acappella Movement(ジャパン・アカペラ・ムーブメント)という、
日本一のアマチュアアカペラバンドを決める全国大会です。

頭文字をとって「JAM(ジャム)」と呼ばれています。
年に1回開催されていて、去年と今年はラゾーナ川崎という商業施設内で行われました。


↑神奈川県川崎市。名古屋からはバスで6時間ぐらい。

予選を勝ち抜いた10バンドが演奏を披露し、優勝を決めるアツい大会です。
大会とはいっても、一般の商業施設(もちろん営業中)での開催なので、
買い物に来ているお客さんも見れるフリーライブのような側面も兼ね備えています。

(元々ストリートライブ形式のイベントとしてスタートし、
その後、大会としての側面ももつようになったらしい。なるほどー!)


今回のJAMでは、

JAMを後援しているサークルのサークル員だけ一般客よりも早く前列に並べる

という(筆者のようなリスナーにはちょっと悲しい)システムがありました。
(以前から取り入れている方法だそうで、後援してくれているサークルへの恩返し的な意味合いも考えると仕方ないのですが・・・)

さぞかしたくさんの後援サークル員が来て、
我々一般客はすごい後ろの方でしか見れないかと予想していたのです

が!!!!

整列開始とともにやって来た後援サークル員は少なく、
結局、一般客も前列で見る事ができました。


↑最前列を確保できて嬉しい・・・独特な形のステージです!

予想に反して最前列で見れたのは心の底から嬉しかったのですが、
後援サークル員が少ないのがなんだかとても悲しかったです・・・(泣)
せっかく優先的に前で見れる特権があるのに・・・(羨)
(ただ整列時間に間に合わなかったとか、前じゃなくて後ろから見たかったとか、そういう理由かもしれないけどネ!)

今回どれだけの人がJAMを見に来たのか分かりませんが、
うまくなりたい気持ちがあるプレイヤーなら
全国大会は絶対に見に行くべきだと思っています。
もちろんリスナーも。耳を肥やすべし。(?)

プレイヤーも、リスナーも、どうせやるなら、
予選を勝ち抜ける実力をもったバンドの演奏を、ぜひ生で。

JAMの感想まとめ
ハイレベルなバンドを一気にたくさん見れて
めっっっっっちゃ楽しい!!!!!!!!!!!(語彙力の欠如)

JAM以外にも全国レベルのライブやイベントはありますので、また行ってきます!
とはいえ、今週末は愛知のライブに行くけどね!土日で3本!(笑)

執筆者:あさひ
Twitter:@alternative_asa

2017年11月26日