「BLUE GIANT」のようなアカペラ漫画があれば、絶対アカペラは人気になる

「BLUE GIANT」っていうジャズ漫画をみなさんはご存知ですか?

2016年漫画大賞3位を受賞したり、有吉さんがラジオで絶賛するなど、あちこちで取り上げられている人気漫画なので、読んだことある人も多いと思います。

ストーリーは、こんな感じです。

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。「世界一のジャズプレイヤーになる・・・!!」
激しく変わる、激しく成長する。ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレイヤーを志す物語

引用:BLUE GIANT公式サイト

この漫画のすごいところは、ジャズに詳しくなくても楽しめること、そしてジャズに対する読者の「難しい」「古い」といった認識を変えてしまったことです。

僕もその一人。

今まで、ジャズに全く興味がなかったのですが
この漫画と出会って、実際に聴いてみたくなり、今度ジャズバーに行ってくる予定です。

また、世界一を目指す主人公の大のひたむきに努力する姿がとても印象的で、アカペラをやっている人のは共感する部分が多いと思います。

まだ読んだことがない人は、ぜひ読んでみてください。

 



「BLUE GIANT」のようなアカペラ漫画があれば、絶対アカペラは人気になる


僕は「BLUE GIANT」を読んだとき、ふと思いました。

ジャズ入門書である「BLUE GIANT」のようなアカペラ漫画があれば、今まで届かなかった人たちにもアカペラの魅力を知ってもられるのではないかと

漫画で描くのは、技術の部分だけでなく、もっと泥臭い部分

アカペラをやっている人なら分かると思うのですが、個人やグループの成長の裏には、圧倒的な努力がありますよね。

またグループですから、人間関係の問題や各々のモチベーションの差の問題など様々な障壁があると思います。

僕は、アカペラの魅力を知ってもらうために、完成された音楽を発信するのではなく、こういった泥臭い部分を見せていくのも一つの方法だと考えています。

なぜなら、泥臭い部分を知っている人とそうでない人では、アカペラを聴いた時の聴き方や感じることが違うと思うからです。

漫画と重ねながら聴くアカペラ

そんな聴き方ができるような漫画があったら、最高です。

誰か、アカペラ漫画描いてみたい人いないかな笑


執筆者:たっちー
Twitter:@ktachiii

2017年10月26日