アカペラの魅力

 アカペラとはなにか?

 ア・カペラ(イタリア語 : a cappella)は、簡素化された教会音楽の様式のこと。また、そこから転じて、教会音楽に限らず無伴奏で合唱・重唱を行うこと、またはそのための楽曲全般を指す。
 (引用:wikipedia)

 だそうです。現代では特に「無伴奏で」という意味でアカペラを指すことが多いように感じます。ではそんなアカペラを楽しむ人はなぜ、アカペラなのでしょうか?楽器ではいけないのでしょうか?

 アカペラの魅力、あげてみます!
 ・手軽  ・楽器を使わない独立感
 ・音が体調や環境に左右されやすいという難しさ
 ・人の声だけだと、耳に優しく、そして印象的
 ・繊細さ ・メンバーとのシンクロ感
 ・お客様とのシンクロ感  ・・・etc

 きっともっともっと多くの魅力があると思います。

 なぜ、こんな魅力的なのに、日本の音楽界ではメジャーじゃないのか!
 単純にアカペラ人口が少ないからでしょう。しかし、某番組を皮切りにアカペラ人口が右肩あがりなのは間違いないです。日本のアカペラは、大学のサークル活動が中心ですが、年々人数が増えており、最近では社会人のアカペラ活動が盛んになってきています!

 アカペラ界はきっとより面白く魅力的になるでしょう。

 そんなアカペラ界の発展に寄与できるよう引き続き頑張ります!!

2015年11月09日