人前に立つ責任

人前でアカペラを演奏をするためには、以下の3つがそろっている必要があります。

 ①観客
 ②出演者
 ③会場

その中で、最近特に①観客への意識が薄い方が、人前で演奏していると感じます。


具体的にはどういうことか

・観客と目が合わない
・出演時間内で何を伝えたかったのかわからない
・MCが準備されていない
・出演者が観客席におり、内輪で盛り上がる
・ライブ運営者への連絡が遅い
 ※観客は早く正確な情報が知りたい
・そもそも集客していない
・観客を満足させることができていない ・・・etc


観客への意識の薄さから、このような現象がおきております。


ではなぜ、観客への意識が薄いのか。

それは、人前に出る機会が増えたことだと感じます。

ありがたいことに、アカペラ自体が世間に受け入れられて、アカペライベントの数が増えました。
ショッピングモールやライブハウスでアカペライベントを行うことができるようになってきました。

しかし、アカペラが受け入れられイベントが増えたありがたみがいつしか当たり前になっています。

さらに、人前に出れることのありがたみが失われ、観客視点の演奏ができていないことから、リピーターを生み出せていないような気がします。
一度演奏を聴いたあと、もう一度聴きたいと観客に思わせるバンドが少ないと感じます。



では人前に立つ者はどうすればいいのか。


その一つは、

観客を絶対に満足させるという「覚悟」をもって舞台に立つこと

ではないでしょうか

・ショッピングモールで、目の前を通る人がみんな足をとめる
・ライブハウスに来てもらった人に、涙を流させる
・観ている人が一生忘れられなくなる

人前で演奏する全てのアカペラバンドが、それくらい本気で「覚悟」をもって舞台に立ち、観客を満足させることができれば、きっとアカペラの受け入れられ方がもっと変わってくると思います。

観客を満足させることは非常に難しいことであり、出演者として永遠の課題ではございますが、
その観点を持って人前に立つか否かは大きな差につながると思います。


少し余談ですが、これらは人前に立つ方だけでなく、アカペライベントを創る側にも言えることだと思います。
未熟なアカペラバンドでも楽しめるイベントであれば、観客を満足させることができると思います。

どうやってアカペライベントを行うかではなく、どういうアカペライベントで観客を満足させるかという観点でイベントを創ることが必要です。



つまり、すべてのアカペラバンドが、自分が満足するのではなく、周りを満足させることができれば、もっともっと発展することができると思います。

2016年01月07日